読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mfks17's blog

趣味や思った事を書いていくと思います

本を読んだら、自分を読めを読んだ

書評

借りる機会があったので読んだ。
個人的には、成毛眞の「本は10冊同時に読め」、という本と被るところが多かった気がしたので、特に目新しい感じはしなかった。僕なんかが比べるもおこがましいのだけれど、もっと読者がわに優しい物腰で、この本がきっかけで読書の習慣を新たに身につけたい人が読むには、丁度良い内容なのではないでしょうか?
伝記推しのところとか、個人的には少し思うところがあった。
やっぱりこういう本って、読書は著者との会話っていうもんなんだなぁと感じました。

また、本から何かを学ぶ場合の関係について先生と生徒みたいな関係だみたいな記述があって、でも本は何も教えてくれないから、自分の中に先生をもっておく必要があるみたいなところは、活字で改めて見てそうだなと思い、自分を客観視できることが重要だなぁというところに落ち着きました。

本を読んだら、自分を読め 年間1,000,000ページを血肉にする?読自?の技術

本を読んだら、自分を読め 年間1,000,000ページを血肉にする?読自?の技術