読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mfks17's blog(Life is Good !!)

趣味や思った事を書いていくと思います

macbookairにplenvをインストール

今回は、perlのバージョン管理ツールである、 plenvをインストールしていき、cpanmでMojoliciousインストールして、サンプルを動かすところまで、やっていこうと思います。

環境

  • macbookair Late 2012
  • OSX 10.8.2
  • Xcode4.6

インストール

homebrewでplenvをインストール

plenvはtokuhiromさんが制作しているツールです。なんとかSignalsとかじゃないんですね。(言語がちがうけど)
Homebrewにあるのでそこからいれます。
githubにリポジトリがあがっていて、インストール方法として、cpan, Honebrew ,githubからクローンする方法が掲載されています。簡単ですね。

$ brew install plenv
Warning: Your Xcode (4.5.2) is outdated
Please install Xcode 4.6.
==> Downloading https://github.com/tokuhirom/plenv/tarball/1.1.0
######################################################################## 100.0%
==> Caveats
To enable shims add to your profile:
  if which plenv > /dev/null; then eval "$(plenv init -)"; fi
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/plenv/1.1.0: 24 files, 288K, built in 6 seconds

入りました。
次に、おすきなシェルのリソースファイルに設定を追記します
ぼくは、こちらを参考にしました。
そして

$ source .bashrc

とか、シェルに再ログインしたりしておきます。

plenvを使ってみる


早速、perlをインストールしてみます。

$ plenv available
perl-5.17.8
perl-5.16.2
perl-5.14.3
perl-5.12.5
perl-5.10.1
perl-5.8.9
perl-5.6.2
perl5.005_04
perl5.004_05
perl5.003_07

現時点でインストールできるバージョンの一覧がでてきます。
plenv の引数のコマンドはタブで補完は効かないんですね。
それではperlをインストールしていきます。折角なので、新しいやつを。

$ plenv install perl-5.17.8

5分くらい待って、完了。

cpanmをインストール


次にcpanmをインストールしていきます。
Rubyでいうgemみたいなやつですね。

plenv install-cpanm
Installing cpanm to current perl
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
  0     0    0     0    0     0      0      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--     0
100  331k  100  331k    0     0  31808      0  0:00:10  0:00:10 --:--:-- 67146
You are running cpanm from the path where your current perl won't install executables to.
Because of that, cpanm --self-upgrade won't upgrade the version of cpanm you're running.

  cpanm path   : -
  Install path : /usr/local/bin

It means you either installed cpanm globally with system perl, or use distro packages such
as rpm or apt-get, and you have to use them again to upgrade cpanm.
!
! Can't write to /Library/Perl/5.12 and /usr/local/bin: Installing modules to /Users/typosterr/perl5
! To turn off this warning, you have to do one of the following:
!   - run me as a root or with --sudo option (to install to /Library/Perl/5.12 and /usr/local/bin)
!   - Configure local::lib your existing local::lib in this shell to set PERL_MM_OPT etc.
!   - Install local::lib by running the following commands
!
!         cpanm --local-lib=~/perl5 local::lib && eval $(perl -I ~/perl5/lib/perl5/ -Mlocal::lib)
!
--> Working on App::cpanminus
Fetching http://www.cpan.org/authors/id/M/MI/MIYAGAWA/App-cpanminus-1.5021.tar.gz ... OK
Configuring App-cpanminus-1.5021 ... OK
Building and testing App-cpanminus-1.5021 ... OK
Successfully installed App-cpanminus-1.5021
1 distribution installed

入りました。

$ cpanm mojo
! Finding mojo on cpanmetadb failed.
--> Working on mojo
Fetching http://www.cpan.org/authors/id/S/SR/SRI/Mojolicious-3.84.tar.gz ... OK
Configuring Mojolicious-3.84 ... OK
Building and testing Mojolicious-3.84 ... OK
Successfully installed Mojolicious-3.84
1 distribution installed

ここで、以下のコマンドを実行 rbenvと一緒ですね><

$ plenv rehash

これで、morboとか使えるようになりました。

$ morbo 
usage: /Users/typosterr/.plenv/versions/5.16.2/bin//morbo [OPTIONS] [APPLICATION]

  morbo script/myapp
  morbo myapp.pl
  morbo -w /usr/local/lib -w public myapp.pl

These options are available:
  -h, --help                     Show this message.
  -l, --listen <location>        Set one or more locations you want to listen
                                 on, defaults to the value of MOJO_LISTEN or
                                 "http://*:3000".
  -v, --verbose                  Print details about what files changed to
                                 STDOUT.
  -w, --watch <directory/file>   Set one or more directories and files to
                                 watch for changes, defaults to the
                                 application script as well as the "lib" and
                                 "templates" directories in the current
                                 working directory.
$

では、このサイトを参考に(ドットインストールでもいいんですが、、)簡単なアプリケーションを作っていこうと思います。
では、適当なディレクトリを作成して

use Mojolicious::Lite;
get '/' => sub { shift->render(text => 'Hello World!') };
app->start;

をmyApp.plという名前で保存します。
命令が簡潔すぎて、内部の実装が気になるところです。

これを

$ morbo myApp.pl

とすると

[Fri Feb  1 23:43:16 2013] [info] Listening at "http://*:3000".
Server available at http://127.0.0.1:3000.

こんな感じで、ローカルにサーバがたちあがるので、
ブラウザで、上記URLの

http://127.0.0.1:3000

にアクセスすると

おなじみのHello worldが出力されます。

ログはこんな感じです。

[Fri Feb  1 23:40:08 2013] [info] Listening at "http://*:3000".
Server available at http://127.0.0.1:3000.
[Fri Feb  1 23:40:18 2013] [debug] Your secret passphrase needs to be changed!!!
[Fri Feb  1 23:40:18 2013] [debug] GET / (Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_8_2) AppleWebKit/537.17 (KHTML, like Gecko) Chrome/24.0.1312.56 Safari/537.17).
[Fri Feb  1 23:40:18 2013] [debug] Routing to a callback.
[Fri Feb  1 23:40:18 2013] [debug] 200 OK (0.000560s, 1785.714/s).

簡単でした。
今後も、少しずつやっていこうと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

追記

  • (2013/02/19)誤字を修正しました。